鉄道発祥の地、英国に敬意を表して

1 / 2

 


ウェールズ、ミッドランドへの始発駅(ロンドン・パディントン駅)
ロンドンの市内にはターミナル型の駅が12〜3箇所もあって、ここパディントン駅のそうした駅のひとつです。 街の中心をバッキンガム宮殿のある場所とすれば、北西の方角にあります。 この駅が出来た時代にはこのあたりがロンドンの街外れだったそうですが、現在では郊外と都心とを結ぶ副都心的な位置になります。 東京でいえば池袋あるいは新宿のような雰囲気も漂った場所です。 ここからイングランド中部地方(ミッドランドと呼ばれていた)方面へのインターシティーから通勤電車まで多くの列車がが忙しく発着しています。 大きく長いドーム型の屋根をもつ伝統のステーションです。


 

 


スコットランド最果て駅?(スコットランド・インバネス駅)
ロンドンからの寝台列車(インターシティー・スリーパー)で8時間くらいかかってここに到着しました。 ここから先はバスの便しかありません。 地理的に言いますと、グレートブリテン島の北の端っこになります。 日本でいえば青森とか稚内みたいなものでしょうか。 距離ではロンドンからおよそ800km、東京/広島くらいに相当すます。 
こじんまりした駅舎です。 それでも内部には郵便局から散髪屋、規模は小さいがスーパー等も入っていて、旅行者が必要とするたいていの用事がここで済ませられます。 そのようなわけで駅としてきちんと機能しています。 有名なネス湖はここからすぐの場所で、遊覧船のりばへは徒歩です。


 

 

TOP

 

Copyright© 2006 TTWWTP/www.oiina.com/ All Rights Reserved