モスクワ大学(ロシア)



【基礎データ】
モスクワ大学(Московский государственный университет имени М.В. Ломоносова, M.V. Lomonosov Moscow State University)
ロシア・モスクワにある大学。 ロシアでは通常МГУ(エム・ゲー・ウー)と呼ばれ、M.V.ロモノーソフ記念モスクワ国立総合大学の略称である。
18世紀の科学者ロモノーソフの建言によって1755年に創設されたもので、2003年現在、モスクワ大学は21の学部で構成される。 3万1000名以上の学部学生と約7000名の大学院生が学び、5000名以上の専門家が再教育を受けている。 学部と研究機関は4000名の教授、講師陣を擁し、約5000名の研究者に対する訓練の場となっている。現在の建物は1953年完成。 いわゆる 「スターリン様式」 の代表作である。
ロシア国内では最高学府とされ、世界的にもよく知られた総合大学の1つである。
著名な出身者
◇ミハイル・ゴルバチョフ(元ソビエト連邦大統領,1990年ノーベル平和賞授賞)
◇アンドレイ・サハロフ(物理学者,1975年ノーベル平和賞授賞)
 (Wikipedia)

 

 モスクワを訪れる予定が決まったときからこの大学は見てみたいと思っていました。 モスクワの中心をクレムリンとするとここから南西の方角になります。 地下鉄で10分程度の交通至便な場所にありました。 しかし都心に近くとも敷地は恐ろしく広い。 右の写真は地下鉄駅から大学本館に向かって歩き始めたときのものです。 画面の左側に続く柵の向こうは大学の敷地です。 こんな道をざっと10分歩いてやっと上の写真の本館を正面に見る位置にたどりついた次第です。 
休みの時期だったため、人影の無いがらんとした印象の写真になってしまいました。 巨大で権威主義的な建物で、立派には見えましたがあまり品のよいものには思えませんでした。 なお、カメラを構えた背中側はモスクワ川が流れ、市内を一望できます。 つまり丘の上にある。

 

 

 

TOP

 

Copyright© 2006 TTWWTP/www.oiina.com/ All Rights Reserved