ロンドン大学(英国)



【基礎データ】
イギリスの国立大学のひとつ。 19世紀当時、英国国教徒にのみ進学が許されていたオックスフォード大学とケンブリッジ大学に対して、人種、宗教、政治的信条に関わりなく広く門戸を開くべく、イングランド三番目の大学として設立された。
現在、30近くのカレッジと研究機関からなる大学であり、世界有数の規模と知名度を誇る。 オックスフォード大学やケンブリッジ大学のカレッジとは異なり、各カレッジは独立した大学として運営されており、こうした特徴から  「ロンドン大学群」「ロンドン大学連合」 とも呼ばれる。 
日本との係わりも深く、日本初の留学生を受け入れたのもロンドン大学(UCL)である。 その中には、初代総理大臣になる伊藤博文(UCL)もいた。 さらに、夏目漱石(UCL)、麻生太郎(LSE)、小泉純一郎(UCL)も留学している。
 (Wikipedia)

 

 不勉強なものですから、英国で大学といえばオックスフォードとケンブリッジしか知りませんでした。 たまたまロンドンの市内見物で訪れた大英博物館の周辺をうろついていたら、上の写真の建物を発見。 すいぶん立派なものなので表札を見て、それと気づいた次第です。 なんともはや面目ないことです。
上の説明のように、夏目漱石や小泉首相が留学していたとは、、、。これまたわが身の不明を恥じるばかりです。

 

 

 

TOP

 

Copyright© 2006 TTWWTP/www.oiina.com/ All Rights Reserved