Navigation





Get Firefox

 

 


資料写真:

掲載年月日:2005.4/20

“BUA Bristol Britannia”

要旨:
○ブリストル/ブリタニア(英国)
   開発当初エンジン凍結などの問題解決に手間取り市場にでるのが遅れたが、長距離性能に優れていた。  騒音レベルが低いことで評判を呼び、 “ささやく巨人” と愛称がついた機体である。

TOP   掲載記事

 

資料写真:

掲載年月日:2005.4/20

“Vickers Viscount”

要旨:
○ヴィッカーズ/バイカウント(英国)
   ビッカース・バイカウントは世界初のターボプロップ旅客機である。 1948年に初飛行、1950年、ロンドン/パリの定期旅客路線に就航。  日本では全日空が導入していた。  1960年には東京/札幌線に投入されて日本航空のレシプロ機(DC-4、DC-7)を圧倒したといわれている。

TOP   掲載記事

 

資料写真:

掲載年月日:2005.5/07

“Lockheed L-1049C Super Constellation”

要旨:
○ロッキード/スーパーコンステレーション(米国)
   “コニー” の愛称で世界を飛び回っていたLockheed L1049、スーパーコンステレーションは、その洗練された姿で、 “空の貴婦人” と呼ばれた。 

TOP   掲載記事

 

資料写真:

掲載年月日:2005.5/07

“Lockheed L-188A Electra”

要旨:
○ロッキード/エレクトラ(米国)
 ターボプロップジェット旅客機の分野で英国(ビッカース・バイカウント、1950年就航)に遅れを取っていたアメリカが初めて開発したターボプロップジェット旅客機。
  最大98席で、広く採用された。 

TOP   掲載記事

 

Copyright 2004-2006 TTWWTP All Rights Reserved