Navigation





Get Firefox

 

 


資料写真:

掲載年月日:2005.3/28

“F-28〜Fokker-100”

要旨:
リア双発のライバルたちぁ.侫ッカー(F-28〜Fokker-100)
 オランダのフォッカー社が、F-27フレンドシップの後継・発展型機材として開発した近距離用双発ジェット。  1962年初飛行。 当初は最大65席。
 主翼の後退角を小さく抑え、STOL性能を高めた機体で1500mで離陸可能である。 胴体をストレッチし、Fokker-100 (100席クラス) まで発展している。

TOP   掲載記事

 

資料写真:

掲載年月日:2005.4/6

“Aerospatiale-BritishAerospace Concorde”

要旨:
超音速旅客機(SST)の開発競争  Aerospatiale-BritishAerospace Concorde 101)
アエロスパシアル/ブリテイッシュアエロスペース コンコルド
 1962年、英仏共同のコンコルド・プロジェクトが動き出し、超音速旅客機の開発がスタートした。 1969初飛行。 路線就航は、1976年。 東京便への就航はなかったが、先進国サミットの折、ディスカール・ディスタン仏大統領がコンコルドで羽田に飛来した。
 開発に巨費を投じた機体も買い手がつかず、英仏政府が押し付けられる形で計15機を購入させられた。

TOP   掲載記事

 

資料写真:

掲載年月日:2005.4/6

Tupolev TU-144 Charger

要旨:
超音速旅客機(SST)の開発競争◆ Tupolev TU-144 (Charger)
ツポレフ Tu-144チャージャー 
 英仏共同のコンコルド・プロジェクトに対抗するように、ソビエト連邦ではツポレフ設計局がTu−144超音速旅客機の設計作業に着手。  1968初飛行。 路線就航は、1975年で、コンコルドより早かった。 旅客定員、速度、就航実績ともにデータ上はコンコルドを上回るものであったが、事故も多く詳しい事情は公開されていない。 

TOP   掲載記事

 

Copyright 2004-2006 TTWWTP All Rights Reserved