Navigation





Get Firefox

 

 


資料写真:

掲載年月日:2005.3/13

“DC-9,MD-81/MD-91”

要旨:
リア双発のライバルたち  .瀬哀薀DC-9/MD81・91
 T型尾翼が特徴的な双発ジェット旅客機。  1963年に開発着手、初飛行は1965年。
 当初、短距離路線向けに開発されたが、胴体のストレッチによる定員拡大やエンジンのパワーアップを繰り返すことでニーズに応え、ベストセラー機種となった。
 B-727やB-737を並んで堂々たるベストセラー機となったが、徐々にB-737とのマーケットの重複がはっきりしてきたため、生産を中止した。
 国内では日本エアシステム(当時)が採用し、現在なお現役である。

TOP   掲載記事

 

資料写真:

掲載年月日:2005.3/16

“TU-134”

要旨:
リア双発のライバルたち◆ .張櫂譽Tu-134
 T字尾翼を備えたTu-124の派生型として生まれた機体。 母体のTu-104、Tu-124から脱却し、乗り心地や経済性を追求した改良が施された。
 1962年に初飛行。 最終的には、最大96席まで拡大した。 なお、胴体は細く、2×2=4列のサイズである。

TOP   掲載記事

 

資料写真:

掲載年月日:2005.3/22

“BAC-111  One-Eleven”

要旨:
リア双発のライバルたち ブリティッシュ・エアロスペース(BAC111)
 もともとブリティッシュ・アエロクラフト社 (BAC) が、ターボプロップ旅客機で大成功したヴィッカーズ-バイカウントの後継機材として開発した、100席クラスの近・中距離双発ジェット。 1961年初飛行。 
のちに社名をブリティッシュ・エアロスペース(BAe)と変えたが、機材の名称はそのままBACを引き継いでいる。  最終モデルは500型といい、2×3=5列の最大119席、航続距離3,500kmである。 ジェット旅客機としては英国製航空機最大の成功を収めたとされている。

TOP   掲載記事

 

Copyright 2004-2006 TTWWTP All Rights Reserved