Navigation





Get Firefox

 

 


資料写真:

掲載年月日:2005.2/10

“B-707”

要旨:
ジェット旅客機第二世代 .棔璽ぅ鵐亜B-707
 1957年に初飛行した4発の機体。 この年、ニューヨーク/ロンドン線(パンアメリカン航空)に就航した。
 機体は、主翼に2基づつ胴体から離れて取り付けられたタイプの4発で、 エンジンをポッド (収納筒) に入れる方式を採用している。
3×3=6列の胴体、突き立った垂直安定版が特徴的でスマートな旅客機の原型となった。 最大189席。
 1966年、BOAC機の富士山麓上空での空中分解事故はこの機体である。  

TOP   掲載記事

 

資料写真:

掲載年月日:2005.2/21

“DC-8”

要旨:
ジェット旅客機第二世代◆.瀬哀薀后 DC-8
 1955年開発に着手、 1959年就航した。 機体の形式と外見はB-707に酷似しているが、 胴体がやや細身の2×3=5列である。 最大259席。
 日本航空でも採用され、ジャンボB-747に置き換わるまでジェット便の主力とし長く使用された。 事故・事件にも遭遇している。
.瀬奪事件  日本赤軍によるハイジャック事件。“超法規的措置”でテロに屈した。  1977年
羽田沖墜落事故  “機長、逆噴射です!” の言葉が話題になった。1982年

TOP   掲載記事

 

資料写真:

掲載年月日:2005.3/5

“Convair CV-880”

要旨:
ジェット旅客機第二世代 コンベア880/990
 ボーイング、ダグラスに対抗すべく、プロペラ時代からの老舗であるコンベア社が当時最高の技術を投入して開発した。 1959年初飛行。
 機体は前者の2機種とよく似ているが、水平飛行速度は勝っていた。 2×3=5列の胴体であるが、88〜100席とキャパシティーが小さかったことが魅力に乏しいと判断され、営業上は苦戦を強いられた。
 日本航空でも導入されたが目立った存在ではなかったようだ。

TOP   掲載記事

 

Copyright 2004-2006 TTWWTP All Rights Reserved